2011年12月03日

ポート・モーラント デメララ ラフロイグ・カスク

久しぶりの登場です

demerara.JPG

力強く、ドライで、ワイルド。
個性的で自己主張の強いラムがお好きな方へ オススメです。



以下 輸入もとよりのデータを。

2002年のリリースを皮切りに、様々なシングルモルト樽による熟成ラムを発売してきたキングスバリー社が、ついに熟成庫に眠っていたシリーズ最後となる樽をリリースいたしました。
前回のリリースから数年が経過し、その間1樽のみがさらなる熟成の眠りについていましたが、満を持して今回の発売となります。

瓶詰めされたのは、以前も発売された「ラフロイグ」の樽で熟成されたデメラララム。
このシリーズは非常に濃厚な色合いのラムばかりでしたが、このラフロイグ樽のみゴールドカラー
モルトの風味とラムの味わいのバランスが非常に秀逸でした。

非常に人気の高かったシリーズではありますが、正真正銘今回で最後のリリースとなります。
パワフルでパンチのあるデメラララムと、シングルモルトの中でも強烈な個性を主張するラフロイグによる新たな味の創造ともいえる興味深い1本。





posted by darbres-bar at 17:21| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

ハバナクラブ セレクション・ド・マエストロ

キューバから新入荷のハバナクラブ 新作です。

havaba.jpg

セレクション・ド・マエストロは、ラム・マスター(マエストロ)6人により造り上げられた
プレミアム・ラム。

熟成庫の中から素晴らしい状態で熟成させた原酒を厳選しブレンド後ふたたび樽で熟成。

サンフランシコ・ワールド・スピリッツ・アワードなど世界で最も影響のあるコンペティションで
すでに3つのゴールド・メダルを受賞しています。




posted by darbres-bar at 16:26| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

マルチニーク島からクレマン 再入荷

すっかり冷え込んできましたね。
こんな夜には、暖炉の前で良質なラムなどいかがでしょうか。

クレマン10年

clement10ans.jpg

およびクレマン6年 再入荷しました

若き当主のもとボトルの形からエチケットから、変わり過ぎていて、抵抗があったのですが
試飲してみるとしっかりと味わいを維持していました。そこで再入荷です


6年はスムースで飲みやすく正にマルチニークのラムの入門編と言ってよいでしょう。

10年は熟成の長さから来る複雑味が持ち味でチョコ、ココア、ドライフルーツ、バニラに樽のウッデッィなニュアンスが魅力的です。




posted by darbres-bar at 17:31| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

マウント・ゲイ

10年以上正規代理店の無かったラムがいよいよ登場します。

カリブ海 ラム発祥の地といわれる バルバドス島より。

マウント・ゲイ エクストラ・オールド

以前から人気も高く、飲みやすいラムとして、並行物を取り扱っていましたが、
ついに安定供給されます。

月曜日に夢の島のマリーナで派手なセミナーも行なわれて、期待感を高めています。

m-gay030.jpg

ちなみにこのマウント・ゲイ エクストラ・オールドは8年から15年まで熟成したお酒の
ブレンドで、ストレートで良し、ロックで良し、飲み飽きのしない、優良なお酒です。



posted by darbres-bar at 17:31| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

トロワ・リヴィエール

マルチニーク島を旅して、一番最初に訪れた蒸留所 トロワ・リヴィエール

1998年のシングルカスク Fut Unique 再入荷しました。

trois.jpg

香り華やかで、口当たりがスムース。バランスの取れた人気者です。


2000年の火災で熟成庫が焼失し、98年も在庫はもうほとんど残っていないようです。
99年以降はまだ荒さが目立ちますし。

お好きなお客様は早いうちに。












バーテンダーの覚書

最近読んだ本

「永遠のゼロ」 百田尚樹
 特攻隊員であった祖父の生き様を、孫たちが調べ、せつない事実が明らかにされていく。
 凄い。上手い。深い。
 読み出したら止められない。大当たり。

「東京ダモイ」 鏑木蓮
 60年前のシベリア抑留時代の事件と現在の事件が入り乱れる。
 シベリア時代の手記がつらい。
 
「火天の城」 山本兼一
 信長の安土の城を作った棟梁のお話。
 面白くってイッキ読み。

「甘い生活」 島地勝彦
 ニヤケ顔がでてしまうほど面白く、博学なコラム
 曰く
 「人生は冥土までの暇つぶし」
 「人生は恐ろしい冗談の連続である」 等々

「前世療法」 セバスチャン・フィツェック
 生まれ変わりは存在するのか?
 前世の記憶は残っているものなのか?
 前世療法が暴きだした連続殺人。本日1日で読みきってしまった。





posted by darbres-bar at 17:28| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

ZAYA 12y

トリニダード・トバゴ産の甘口ラム サヤ 12年 再入荷しました 

zaya.bmp

手作業で選り分けられた最良のサトウキビのヴァージン・ジュースを原料に
小さな銅製のポット・スティルで蒸留。
オーク樽で12年熟成させた逸品です。





バーテンダーのテイスティング

しっかりとした濃い飴色

バニラの甘い香りが立ち上がり、樹の密を思わせる甘酸っぱさがサポート
時の経過と共にカラメルの香りが本領を発揮 そしてまた バニラの香りに戻る

ふくよかでしっかりしたボディ
甘味の中に微かな酸味を感じる事ができ、全体のバランスを良いものにしている
この(醗酵の工程に由来すると思われる)微かな酸味が甘味のベタつきを抑え
華やかな印象を生み出す

心地よいラム

ロックで少しタイトにして飲んでみるのが面白い

ボリバーのベリコソス・フィノスの中〜後半にあわせてみたい




posted by darbres-bar at 16:52| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

レジェンダリオ再び

Legendario
レジェンダリオ 7年 再入荷しました

2年半前 スペインを旅した時に見つけたコです

legendario.jpg

時々日本入荷もあるようですが 入荷量が少なく入手できませんでした

このたび 約2年ぶりに入手しました


甘口のデザートラム (正確にはアグアルディエンテ) です

通常アグアルディエンテは強烈な味わいの物が多いのですが 

このコは7年の熟成が素晴らしい丸みを生み出しています


食後にゆっくりロックやストレート シガーのお供にも





アグアルディエンテについて
posted by darbres-bar at 17:03| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

ネイソン

長らく欠品しておりましたマルチニーク島のラム

ネイソンXO  入荷しました

ミレニアムの記念でつくられた長期熟成のまろやかなコです

マルチニークの優しくて風味あふれるラムをお探しの方 ぜひお試しください



posted by darbres-bar at 17:10| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

樽からサカパ

海抜2,300メートル  雲より高い場所で熟成される美味なラム  
ロン サカパ

まろやかな味わいは、古代マヤの歴史が息づく
グアテマラの緑豊かな大地と気候のもとで造られています
豊かな香りと、馥郁たる滑らかな甘みと奥行きの深い味わいを、是非お愉しみください

zaczpa.bmp

ダルブルズ・バーではホワイト・オークの4リットル樽をご用意し
この小さな樽で数週間追加の熟成をさせたサカパ 23 をオススメしています

もちろん通常通りのボトルからの
ロン・サカパ 23
ロン・サカパ XO
もお楽しみいただけます



Ron Zacapa 23 Cocktails
ロン・サカパ 23 でカクテル

ロン・サカパ トニック
 バーテンダー自慢の 自慢の ラムトニック  サカパ・バージョンです


ロン・サカパ ハイボール
 シンプルなソーダ割り バーテンダーの腕の見せ所

シガー・カクテル
 エスプレッソリキュールと合わせた甘口   今宵のしめくくりに




ロン サカパのパッケージに使われる「ペタテ」と呼ばれる飾り
ペタテは、古代マヤ王朝における時と空間の融合の象徴として
古代マヤ人の直系の末裔が暮らす三つの村で 一つのボトルに一つ、全て手編みで作られています


ロン サカパ 23 は
インターナショナル・ラム・フェスティバル・コンペティションのプレミアム部門において
1998年より2002年迄5年連続で金賞を受賞し
2003年にラムとして初めて殿堂入りの栄誉を与りました




posted by darbres-bar at 15:57| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

ラムのソーダ割り

最近のハイボールブームの影響でしょうか?
ラムのソーダ割りにも人気が集まっています

そこで ソーダ割りにして美味しいなと思えるラム達を紹介していきます

xxx.jpg

最初の一杯はインドから
マクダウェルのセレブレイション XXXラム
  程よき甘みとライトなボディで爽やかに飲めてしまいます
  ほんの微かにレモンを落としても○


甘めにいくなら
ロン・サカパ センテナリオ 23
  甘口ラムの大定番
  ソーダ割りにしても美味いです
  柑橘は一切ナシで

エル・ドラド 12年
  デメララのラムではこのコが一番ソーダ割りに適していると思っています
  糖蜜の甘さと樽由来のバニラ香がソーダで引き立ちます
  こちらも柑橘は一切ナシで



爽やかにいくなら
ハバナクラブ 7年
  バーテンダーの大定番
  こちらも柑橘は一切ナシで


ハバナクラブ 3年
  ライムをきっちり利かせて
  そう ラム・リッキー と言うカクテルです
  



私見ですが
長期樽熟成をした琥珀色のお酒とは レモンや特にライムは相性が良くありません
ウイスキーしかり バーボン ブランデー。 当然ラムも。



   
posted by darbres-bar at 15:24| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

トリニダード・トバゴより 久々の再入荷

2009年3月以降いつも品切れだったコ 再入荷しました

La Tour D'argent
ラ・トゥールダルジャン プレミアムラム
 再登場です
la tour d'argent.JPG
パリのラ・トゥールダルジャンのシェフソムリエがプロデュースした食後酒


原産国は トリニダード トバコ


洗練された蜜とヴァニラの上質な香り
やさしい口当たりが心地よく なめらかな舌触りの そう ほんとに美味しいヴァニラのアイスクリームを食べた後のような気持ちのよい余韻が特徴的
熟成が8年間のためまだまだアルコールの力強さを持ちながら とても上品な柔らかさをもっています


輸入業者が再建したためしばらくは在庫がありそうです

posted by darbres-bar at 17:37| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

ロン・ヴァラデロ 15年 待望の再入荷

本当に久しぶりの登場です

ロン・ヴァラデロ 15年

varadero15.jpg

かつてのハバナクラブ15年が亡き後 (今の15年でなく)
このコがキューバの最高傑作なのではないでしょうか

とにかく オススメです あえて説明は必要ないと思います
飲んでください  
ストレートかロックで
 
在庫限りですので、おはやめにどうぞ 


posted by darbres-bar at 12:12| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

フロール・デ・カニャ 18年

久しぶりの入荷です
IMGP3861.JPG

現在ニカラグアで唯一ラムを製造する(らしい)
「カンパニラ・リコレラ・デ・ニカラグア社」の商品。
代表銘柄のフロール・デ・カーニャは世界中で行われる様々なコンペで
3年間でシリーズトータル42個ものメダルを獲得した凄腕のラムたちです

つい先ほど行なわれたラムのコンペティションでもここの7年物が金賞を
受賞していました

その7年の上をいく旨みを見せ付けるのがこのコです
甘くふわりとした香り、口当たりの優しさ、心地よい甘味、こなれた熟成感、完成度が高いラムです



そういえば・・・・・
8年ほど前、某国を旅行したお客様に無理をいってお土産に買ってきてもらったのが
このコ「フロール・デ・カニャ 18年」でした

当時は日本にラムがなくて・・・・
世界中からラムをかき集めたものでした
流通の発達に少しばかりの感謝を感じます





posted by darbres-bar at 16:47| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ハイチへ

先日お伝えしましたハイチ救済のための募金

18,600円を 日本ラム協会を通じて「在日ハイチ大使館」へ募金
いたしました

バルバンクールを飲んでいただいたお客様 ありがとうございます

微々たる思いがハイチまで バルバンクールの蒸留所まで 届きますように





posted by darbres-bar at 16:41| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ハイチ 救済のために

カリブ海にあるハイチ共和国で、12日午後4時53分(日本時間13日午前6時53分)
マグニチュード7の大地震が発生

震源地が首都ポルトー・プランス付近だったため、被害者は20万人にものぼる
と言われています

また 連日30度以上の炎天下の中 二次的な災害によって更に被害者が増えるとの
予測が報道されています


優良なラムの作り手である バルバンクール を擁するハイチの危機
9年前のハイチの大地を見てきたバーテンダーは 思い立ちました
何かしなくては・・・・・

と 言うわけで とりあえずは1月末日まで バルバンクールの売上金の一部を
「在日ハイチ大使館」へ直接募金いたします

ハイチの一日も早い復興を 応援していきたいとおもいます


だから

今日もオススメのラム 一杯目は ハイチの バルバンクール 15年


この素敵なラムを この先も飲み続ける事ができますように
 


posted by darbres-bar at 16:54| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

キューバから 限定入荷

キューバから面白いラムがやってきました

ロン・ビヒア グラン・レゼルヴァ 18年

vigia.jpg

学生時代のバーテンダー岩尾が大好きだった作家
アーネスト・ヘミングウェイ

彼のキューバの 邸宅フィンカ・ビヒアは 現在ヘミングウェイ博物館として公開されています

元々は、そのフィンカ・ビヒアのお土産専用だったラム

限定数で入荷 在庫限りです 


今日は バルバンクール15年を飲んで 次に この ロン・ビヒア ですね
ストレートかロックをオススメします



ヘミングウェイと言えば・・・・
「キリマンジャロの雪」   雪のあるうちにキリマンジャロにも行かねば・・・・
と 独り言です



posted by darbres-bar at 17:06| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばれ ハイチ

大好きなラム バルバンクールのふるさと ハイチがたいへんな事になってますね

ハイチの人たちの無事と バルバンクールの蒸留所の無事を願って 今日は
バルバンクールの15年をオススメです





posted by darbres-bar at 16:44| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

ニカラグアのラム 完結編

パリから持ち帰ったニカラグアのラムの一挙テイスティング

Momotombo 1994
 黒糖と蜂蜜をあわせたようなシンプルでドライな印象の香り
 ほの甘い中にもキリッとした感じのドライな力強さを持つ


Telica 13年
 しっかりとした蜜蜜の香り
 ジャマイカやデメララに見られるドライでこげた樽の印象が強い
 濃い色合いとは裏腹にドライで切れ上がったお酒


Ron San Cristobal 7年
 ゴールドのかかった明るいマホガニーの色合い
 蜜の香りの中に感じるミントやローリエのような清涼感あふれる香り
 爽やかなラムでしつこさを感じさせない繊細な甘味
 舌の上に残る清々しいミント&ローリエのフレーバー
 ライトボディの軽やかな甘味を持つのみ安いお酒


Masaya 10年
 色合いや香りはジャマイカやデメララのラムを思い起こさせる焼けた感じ
 糖蜜由来の甘くて酸味を伴った香りが人をひきつける
 甘味と樽がこけた感じの渋み そしてアルコールの持つ力強さ
 バランスの良さが際立つ
 飲み飽きしない というか もうすこし もうすこし と飲み続けていたい


 

posted by darbres-bar at 16:31| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ニカラグアのラム 2

パリのメゾン・ド・ウイスキー に飾られていた状態のラムたちです
(仕方なく置いてきた木箱がしっかりと写っており 捨ててきた事を少し後悔)

SN3J0019.JPG

今回は真ん中にいる
Cerro Negra のテイスティングを

濃くてブラウンのしっかりかかったマホガニーの色合い
糖蜜の甘い香りと酸の香りが力強くパワフルな予感
想像通り口に入れるとボディも厚くしっかりしたお酒
バニラやカラメルのなめらかな甘味と舌の上に残る樽の木々を思わせる余韻

パンチのあるラムをお望みのお客様 ぜひ お試しください
ロックで飲むのが オススメかな
 


posted by darbres-bar at 16:37| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

ニカラグア産イタリア経由

パリのメゾン・ド・ウイスキーにて購入してきたニカラグアのラムです

IMGP3742.JPG

ニカラグアで蒸留されてからイタリアを回ってパリに到着
詳しい経路はメゾンのスタッフもわからないようでした

「ボルケーノ・コレクション」と名づけられており 火山の噴火の様子が いかにもイタリア周りのラベルで描かれています

6種類×2の12本の木箱入り限定で ばら売りはなし
約550ユーロ(デタックス申請中)
近くのカフェで考えた挙句 購入 が
あまりの重さに泣く泣く木箱を置き去りにしてきました

12本のうち各1種ずつの6本がカウンターに並んでおります


土曜日 お客様のリクエストで一つテイスティングしたのですが
良いです

フロール・デ・カニャの18年を思わせる優雅さや繊細さをベースとしながら
ジャマイカのアップルトン21年をも思わせる深みと熟成感を感じました

総じて言うと バニラが香り 熟成感のある ほの甘口のラム
バランスが良くて ジャマイカンラムのようでありながら 繊細でやさしい
ストレートでもロックでも

というコがいました

1990 Conception と表記されたコです




posted by darbres-bar at 08:03| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする