2017年01月18日

最近お気に入りのラム

ビエール ラム・ブリュット・ド・フ 2003
Rhum Bielle Brut de Fut 2003

マルティニーク島の近隣にあるわずか150ヘクタールほどの小さな島「マリーガラント」からのラムです

バーボン樽にて7年間熟成

美しい黄金色をまとい、繊細な甘みは残しつつ、非常にフルーティで、香り高い熟成ラム。

マリーガラントの熟成ラムは数少ないのです。

しかもアルコール 55%のカスクストレングス! 

ぜひ味わってみてください。

日本入荷191本の限定酒です。

18 - 4.jpg

ビエール ラム ブリュット ド フ 2007
Rhum Bielle Brut de Fut 2007


マルティニークやマリーガラント産のフレンチ クレオールラムでは非常に数が少ないカスクストレングス!

アルコール 57.3%

樽ごとに個性が異なることも魅力の一つで、今回のボトリング分はCONCOURS GENERAL AGRICOLE 2014という農業コンクールにおいて金賞を受賞したお墨付きの美酒です。

シロップ煮のフルーツ、スパイスの香りが徐々に開き丸みのある表情が楽しめます。
そしてバニラとハチミツを思わせる味わいから、果てしなく続く滑らかなフィニッシュが秀逸な一本。

120本限りの日本入荷となります。

ぜひ一度お試しください。



ビエール蒸留所についての能書き

マリーガラントは直径約15km、面積150ヘクタール程のとても小さな島で、ラムの生産が主な産業の一つになっていますが、マルティニーク産のラムとはまた一味違ったユニークで個性的なラムが多く存在します。ビエール蒸留所は、もともと同島に砂糖工場として200年程前に建てられましたが、前オーナーが1950年に買収するとともにラム蒸留所として稼動を開始。現蒸留所長のドミニク・ティエリー氏が1975年に経営と生産を受け継ぎ、現在に至っています。

posted by darbres-bar at 15:46| ラム 〜 rhum,ron,rum 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする