2009年10月10日

ハモン・イベリコ・ベジョータ

昨日より スペインの生ハム ハモン・イベリコ・ベジョータ の取り扱いを再開しました

一昨年 アンダルシアに行ってから イベリコ豚の扱い方に自信を持ちました

ウチのコは冷蔵庫に入れないので脂が美味いですよ

イベリコ豚の脂は36度から38度で溶け出します
ちょうど口の中に入れて噛みしめる時の温度です

同時に外気温が35度近く上がるときは常温で保存していても脂がダラダラと流れ落ちてしまい旨みも半減です
冷蔵庫にいれて保存する店がほとんどなのはこのためです

先にも書きましたがウチは冷蔵庫には入れません

よって湿度が高くて気温も高い夏の間はイベリコの取り扱いをやめておりました


ちなみにアンダルシアのバルでは
日中は40度を越えるなかでは きっちりとエアコンで制御されており
深夜からお昼前までの間は最低気温20度という気候のため
(熱帯夜がないため)一年を通じて店内につるしておく事が出来るそうです


少し能書きが過ぎました が いい状態でお客様にお出しいたしますので
楽しみにしていてくださいませ





posted by darbres-bar at 15:56| メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする